スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリダニアOPを勝手に変えてみた。

ss-142.jpg


ここはグリダニア付近の森の中
この辺りには語り継がれている伝説がある。


ss-143.jpg


【此の地に訪れし者 神の逆鱗に触れ 天罰が下らん】
という言葉がある。
この地は今だ未開の地だ。

リムサ・ロミンサにいた時にまた声が聞こえた
この地に来るようはっきり聞こえた。
ここに来れば何かわかると信じて・・・


ss-144.jpg


それにしてもすごい森だな・・・視界が悪くて仕方ない・・

「聞いて」
!?
聞こえた、あの声だ・・やはりこの地に何かがあるというのか


ss-145.jpg


あの時と空が同じだ・・・
またもや何かを訴えかけているようだ・・・。


ss-146.jpg


うっ!


ss-147.jpg


なんだあの物体は。
今にも落ちそうだ。
行ってみよう。


ss-148.jpg


確かこの辺りのはず・・
あ、あれか!


ss-150.jpg


人間「あぁ、森の中で人に出会えるなんて。ここはどこなの?」
僕「ここはグリダニア付近の未開の地 人が入ることは禁止されている」
ララ「なっ!ここは伝説にある場所って事か!?そいつはまずい!!」

嫌な予感がする。


ss-153.jpg


ドオーーン!!
いきなり後ろから樹が襲ってきた。
樹「森ヲ汚ス者ニハ罰ヲ 森ヲ汚ス者ニ死ヲ・・」
僕「うっ、このスピードじゃ追いつかれる・・・」


ss-154.jpg


人間「とにかく走って走って逃げるのよ!」
ララ「そうだそうだがんばって走るぞ!」
僕「お前走ってないじゃないか;;」


ss-155.jpg


樹「キェェエエエイイイ!!」
僕「僕はもうダメみたいだ・・・」
人間「ハァハァハァ」
ララ「諦めるな!とにかく諦めるな!」


ss-156.jpg


樹「ヌオォォリャァアア!」
人間「キャッ!」
ララ「ぐぅ・・・」
僕「これで僕も終わりか・・・」


ss-157.jpg


・・・ん?体が浮いてる・・・
そして何だこの動物
オーラを纏っていて、まるで妖精のようだ。


ss-158.jpg


助かったようだ。
樹はあの動物達が連れて行ったようだ。
僕は助かったみたいだ。

気付いたらあの2人組は消えていた。
そして僕も静かにこの地から立ち去った
声はなにも聞こえなくなった。
また聞こえる日まで・・・



前回同様この後が本編ですw
ss-179.jpg


ここは森の中。どこだか知らないけどネ。
なぜかって? 地名が読めなかったからだZE!

しかしこの辺りには語り継がれている伝説がある。


ss-180.jpg


【おれの財宝か?欲しけりゃくれてやるぜ 探せ!この世の全てをそこに置いてきた】
というある海賊の言葉でござる。
世はまさに大海賊時代である

拙者の手にかかればそんな財宝すぐに見つけられるでござる。
きっと財宝は海の底じゃなくて島に眠ってると拙者は思うんだよね。


ss-181.jpg


さっそく拙者の熊手で掘り掘りするでござる!
「聞いて」
む、なんだこの声は・・・


ss-182.jpg


空が・・・・キレイだ!(`・ω・´)シャキーン
さて、続き続き♪


ss-183.jpg


くぅぁあっ!!
空から目眩ましだとぅ!?拙者に掘り掘りさせまいと、、、どこのどいつだ!


ss-184.jpg


やつか・・・墜落するようだな。拙者を怒らせるなど言語道断、愚の骨頂ネーーーーー!!!!!
うおぉぉおおお待ってろおおお!


ss-185.jpg


ハァハァ。確かこのあたりに落ちたはずだ。
50m走2秒の拙者をから逃げられるはずがなかろう・・・
やつらか・・・


ss-187.jpg


あまりの足の速さに服が無くなった。
モノノフ「おい!てめぇらこの俺様の邪魔をするとはいい度胸してんじゃねぇか!」
人間「え?ねぇララ!どうしてここに人が住んでるの!?」
ララ「き、きっとこいつはこの森の妖精だ!!とりあえず逃げよう!」
2人組みは逃げて行った。
モノノフ「逃がすか!!拙者にスピードで敵うはずなかろう!」
モノノフもすかさず追う。


ss-188.jpg


ドオーーーン
いきなり後ろから樹が襲ってきた。
樹「森ヲ汚ス者ニハ罰ヲ 森ヲ汚ス者ニ死ヲ・・」
モノノフ「うわわぁぁぁあん」


ss-189.jpg


人間「と、とらえず今はあの樹から逃げる事を考えましょう!!」
モノノフ「仕方ない、今回だけは見逃してやろう!ってかお前足速いナ。うちの陸上チームに入らないか?」
ララ「のん気な事言ってんじゃねーよw」


ss-190.jpg


樹「キェェエエエイイイ!!」
モノノフ「僕はもうダメみたいだ(´;ω;`)」
人間「ハァハァハァハァ」
ララ「そんな寂しそうな顔するなよw」


ss-191.jpg


樹「ヌオォォリャァアア!」
人間「キャッ!」
ララ「ぬーん(´・ω・`)」
モノノフ「おれ、家に着いたらいっぱいじゃがりこ食べるんだ・・・」


ss-192.jpg


・・・・ん?体が浮いてる・・・
そしてなんだこの白豚
可愛い。拙者の萌えポイントを理解しているようだな。


ss-193.jpg


助かったようだ。
樹はあの白豚達が連れて行ったようだ。
拙者はあいつを連れて帰りたかった。

気付いたらあの2人組は消えていた。
そして拙者も静かにこの地から立ち去った。
財宝はあの萌え動物を見れたからよしとしよう。



OP勝手に変えてみた第2弾でした(*´Д`*)
スポンサーサイト
コメント

No title

新作キタ!

モノノフ先生、足早かったんですねw
そして、走っていたら服脱げたとかw

そんなモノノフ先生の前を走る人間、凄いです…。
人間は服脱げなかったんですね(/ω\)

モノノフ先生の意外な好みも知れて良かったです(*´Д`*)

ウリルさんへ

来ました(*'-')v

ええ、50m2秒です。
時速90キロです。
しかもモノノフ先生は疲れないので最強です。

>人間は服脱げなかったんですね(/ω\)
それ期待してました?w(*´Д`*)ウリルサンッタラ❤

ええ、モノノフ先生は可愛いものにめっぽう弱いのです。 という設定にしとこう_〆(´▽`*)
読んでくれてありがとうーございました!^^

No title

おじゃましまーすo(*・ェ・*)

読んでておもしろすぎましたw
こういう感じの記事、はじめて見たかもで
お気に入りになっちゃいましたw
モノノフさん服が脱げちゃったんですねー。
帰ってじゃがりこ食べれたんでしょうか?(*^m^)o==3

またおじゃましますので、よろしくおねがいします☆

ふらんさんへ

ふらんさんようこそようそこ~ヽ(´ー`)ノ

楽しんでもらえたようで嬉しいです^^
プレイ日記も書きたいんですがねーあんまり面白く書けないんですよねー><
ってwおもしろさを第一に考えてる(゜▽゜;)

モノノフ先生露出狂ですしね。彼は元々服を持ってない設定ですしw

ふらんさん、ブログでもエオルゼアでもこれからもヨロシクです♪

No title

モwノwノwフw先w生www
先生にモグぬいぐるみを進呈したいwww

No title

ワンピースwwwww

一番ウケたのは本編でモノノフ先生が【服を着ていた事】ですwww

モノノフ先生は解るけど・・さりげなくぴすたちおサンも脱いでるのがウケましたw

ミカンさんへ

オヒョヒョーーミカン殿ーー拙者感激でござるよーーー!あの白豚をぎゅーってするのが夢だったのでごわす!毎日白豚と一緒に寝るでござる! byモノノフ

適当になんかあげれば喜びますよ。彼、単純なんで・・・ byぴす

おにぎり丸さんへ

ワンピースww
最近ワンピースの1巻を久々に読んだので、あのセリフを入れてしまいましたww

ウケたとこは服を着ていた事ですかwww”着ていた”ことですかww

おーwおにぎり丸さんよく見てますね^^
そうです、私も脱いでるんですよ。
発見したおにぎり丸さんには食らえ!渾身のスキュアーーーー!!

No title

コミュからこんにちは。
えらく黒い妖精さん・・・。
ちょっと吹きました。

No title

もののふwwwww
服着ていたんですねwwwww

そしてじゃがりこおおヽ(*´∀`*)ノ

magmonさんへ

ご来訪及びコメントありがとうございます^^
ええ、あんなガチムチフェアリーどう思いますか・・?
これからもモノノフをヨロシクです☆

めめるさんへ

服着ちゃいましたねぇww
服着てるだけで笑われるって天才ですねw
もののふ節は今回も健在でした。

今回は家にじゃがりこ忘れてきたみたいですねw
そういえばもう さつまりこの時期ですなぁ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。