スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のホームポイント / 第4話 先生と先輩の絡み。

ss-588.jpg

こんにちは、ぴすたちおです。
私の最近のホームポイントはここですw
いつもこの緑の怪獣のそばでせっせと調理に励んでいます。
見かけたら/pokeで貫いてください(´;ω;`)

最近の困った事なんですが、、、

「 ぴす編のネタがねぇ!! 」

ですw
「先生がメインだからいいじゃん~(´з`)y-~」とかいりませんw
正直モノノフのネタには困ってませんが・・w

もっと、行動しよう・・・orz

それはそうと、ハロウィンイベントのLSに参加させていただきました!
詳しくはどなたのリンクを貼ればいいのかわかんないので、とりあえずいちごのところへ><
イベント当日には参加できませんが、製作員として頑張りまーーーす(*´Д`*)


ぴす編・・終

続きはいつものw
アァァィィイイ!!
今回は特別ブァァアーーージョン!
モノノフスペシャルの回でござるよ!!
なんとSS数 41枚のベリーローングな内容でおじゃる!
途中で読むのやめたら拙者・・・拙者・・腹を切るでざる!!

それでは参る!

ss-435.jpg

モノノフ「ヘイ、嬢ちゃん。拙者とお茶でもしないKA?」
ちきん先輩「おぃ、モノノフ。この嬢ちゃんはおれのものだZE」
しほ「どちらもお断りです。」


ss-436.jpg

ちきん「嬢ちゃん、これでもダメKA?」
モノノフ「なぬ!先輩、エルモとは卑怯なり!」
しほ「まぁ!(少し興味あり気w)」


ss-437.jpg

ちきん「ふふ、おれの勝ちだなモノノフよ」
モノノフ「ヒソヒソ・・先輩は浮気者・・」
しほ「ごめんなさい!やっぱりお断りします!」


ss-438.jpg

ちきん「ドゥエラッサアア!!」
しほ「いたっ(>Д<;)」
モノノフ「フフフ。拙者と行こうか。」


ss-440.jpg

ちきん「ご、ごめん!つい。。お前のせいだモノノフ!ってかその頭なんだwww」
モノノフ「先輩がエルモ被るから拙者も被るでござるよ」
しほ「わたしもうモノノフさんと行くわ。」


ss-441.jpg

ちきん「ちょ、ちょっと待ってくれ。こうなったら無理矢理にでも!!」
モノノフ「しほは渡さんでおじゃる!」
しほ「モノノフさん助けてー><」


ss-442.jpg

モノノフ「あれぇええ!?」
ちきん「ふふふ、こっちだ。」
しほ「ちきんさん素敵。」





こうしてしほを奪い合う事数時間。
二人はグリダニアの野外劇場で決闘をする事になった。





ss-444.jpg

ちきん「いいか?あの門に先に着いた方が勝ちだからな。」
モノノフ「上等でござる。先輩だからって手加減無しでござるよ。」


ss-445.jpg

ちきん「なぁ、これおれの方が少し遠いだろw」
モノノフ「むぅ、確かに。じゃあこれでどうでおじゃるか」


ss-446.jpg

ちきん「なんでこっち向くんだよwww」
モノノフ「これで気持ち拙者が遠くなったぜよ。」


ss-447.jpg

モノノフ「めんどいから拙者はここからスタートするぜよ!」
ちきん「おいおいw明らかにお前が直線じゃないかwもっと後ろにずれろw」


ss-448.jpg

ちきん「なんで動かないんだよおおw」
モノノフ「拙者はここからスタートするでおじゃる!!」


ss-449.jpg

ちきん「だからこれじゃあおれが遠いって言ってるだろww」
モノノフ「あ、先輩。そこにうちの娘がいるでおじゃる!」
秋乃「ふっふふ~ん♪」


ss-450.jpg

ちきん「お前に娘なんていたのかw」
モノノフ「おぅ!秋乃。元気か!」
秋乃「うはwHENTAIw」


ss-451.jpg

モノノフ「・・娘に変態言われた・・娘に変態言われた・・娘にへn(ry 」
ちきん「まぁまぁ、元気だせ。HENTAIなんだからしょうがないだろ。」
秋乃「パパ達何してたの~♪」


ss-452.jpg

ちきん「お兄さん達はな、決闘をするとこだったんだよ。」
秋乃「ふぅ~ん。あ、ちょうちょさんだ~~ まてまて~♪」
モノノフ「(・・せ、先輩の横顔カッコイイ・・)」


ss-453.jpg

ちきん「おいww近すぎるぞwww」
モノノフ「あぁ、先輩の温もり。至福のひと時」


ss-456.jpg

モノノフ「せんぱーーーい!」
ちきん「アーーーーッ!!」


ss-457.jpg

しほ「ぎゃあああ!!」
モノノフ「MITANA!?」
ちきん「MITANA!?」
しほ「ごめんなさい、ごめんなさい、すぐ立ち去ります;;」


ss-458.jpg

モノノフ&ちきん「アーーーッ!」


ss-460.jpg

門「バタンッ!」
あでりん「ぎゃああww」
モノノフ「MITANA!?」
ちきん「MITANA!?」


ss-470.jpg

モノノフ「そんなことはどうでもよい!先輩!決闘の続きでござる!」
ちきん「あぁ!今の禁断のシーンは忘れてくれ!」
秋乃「うはwHENTAIw」
しほ「絶対無理です。もう無理です。」
あでりん「もうここに来るの怖くなっちゃうな。」


ss-533.jpg

ちきん「しほよ!しっかり見ていてくれ!」
しほ「絶対無理です。もう無理です。」
モノノフ「先輩、ここはもう決闘どころじゃないでおじゃる。まず協力してしほ殿の機嫌を取るでござる」


ss-534.jpg

モノノフ「せいやあああ!!」
ちきん「なるほど!Bパターンか!」


ss-535.jpg

ちきん「せいやあああ!!」
モノノフ「先輩・・それ何でござるか・・もっとこうでおじゃるよ!」


ss-537.jpg

モノノフ「せいやあああ!!」
ちきん「せいやあああ!!」
モノノフ「違うでおじゃるよー!」
ちきん「むむむ、難しいぞそれ」


ss-539.jpg

モノノフ「せいやあああ!!」
ちきん「せいy おいwwいきなり変えるなww」


ss-540.jpg

モノノフ「オリジナリティが必要でござるよ!」
ちきん「まずは基礎を完成させようぜw」


ss-543.jpg

ちきん&モノノフ「せいやあああ!!」
しほ「それじゃあ私は帰りますね。」
ちきん&モノノフ「おつー^^」


ss-544.jpg

モノノフ「先輩、しほ殿帰ったでおじゃるよ」
あでりん「どんまいvv」
ちきん「あぁ、やっぱり美しさが足りなかったせいだろう。」


ss-545.jpg

ちきん「美しさに磨きをかけるぜ!」
モノノフ「がってん承知!」
秋乃「まだ続くらしいよ♪」



ここからは画像だけでお楽しみください


ss-546.jpg

ss-547.jpg

ss-548.jpg

ss-549.jpg

秋乃「見てられっかーーー!」
モノノフ「我が娘 秋乃よ!剣をしまうのだああ!」
ちきん「うはw 娘 反抗期かよw」


ss-550.jpg

モノノフ「仕方ない。正面から貫いてくれ。」
ちきん「おいwそれって俺にも被害こねぇか?www」
秋乃「キェェェエエイイ!」



この後、モノノフとちきんを見た者はいなかった・・



ー完ー



ss-551.jpg

出演者

上段右から

ちきん先輩 (実はモノノフの生徒)
モノノフ先生 (ファイターの極み)
しほ (ある意味悲劇のヒロイン)

下段右から

秋乃 (モノノフの娘)
あでりん (詳細不明)
しょこら (詳細不明)

モザイク (モノノフ編18枚目) 協力 いちご

撮影後、先輩と一緒に しょこら殿を追いかけましたのでござるが、猛烈に拒否されてモノノフショックでござる。


これにて、一件落着。

スポンサーサイト
コメント

No title

▼絶対拒否!
▼で追いかけられたら逃げるからぁぁぁっ!!

素晴らしい!
なんと言うか…撮影スキルもだけど、ストーリーの妄想力がハンパないっすw

父親が

あんなんだと、娘も思わず剣を抜いちゃいますよね‥w
ぴすたん、かわいいから秋乃ちゃんと踊っていれば、それだけでいいですww

No title

早速見に来たwwwww

画像枚数多すぎてフイタwwwww

しっかり物語になっていて内容もGoodデスヨ!!

でも、やっぱり
「アッーーーーーーー!」
のシーンはまずかったと思うんだ(´・ω・`)www

今後もぴす&モノノフ先生との絡みが楽しみなちきんでした(*´д`*)b

しょこたんへ

逃げることないだろおぉぉおお
▼は紳士の証なのだぞおお!

あ、しょこたんが▼履いてるとこ見たいなw
履くのもだめなのかな(*'-')

グレさんへ

ありがとう(*´Д`*)
モノノフ編の話を考えるのは毎回すごい楽しいですw
グレさんも今度共演してほしいな!!

レオさんへ

モノノフになるとついついテンションが上がってしまうんですよねw
ええ、あんな父親は絶対無理です。もう無理です。w
おとなしく可愛く踊っておきますw   byぴす

なんだかんだで娘は拙者にベタ惚れでおじゃるよ! byモノノフ

ちきんさんへ

画像枚数やばいよねw
しかも41枚とか言いながら実際37枚ですw
適当でサーセンw
お褒めいただきありがとうございます(*´Д`*)
アーーーッ!のシーンはホントにね・・・迷ったよw
SS見るのもきつかったorz

ちきんさん、出演ありがとう!お疲れ様でした!w

次回もお楽しみに!^^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。